【最強ハンバーガー決定戦】第41回:有楽町の名店が日本橋で復活してた! 実はJR東日本が運営する『ザ・ビートダイナー』

2013年まで、銀座からほど近い “JR有楽町駅” の高架下に店を構えていた『ザ・ビートダイナー』を覚えている方はいるだろうか? 殺伐とした風景の中に、妙に溶け込んでいた人気ハンバーガーショップである。

実はこちらのビートダイナー、翌2014年に日本橋で復活していたというのだ……知らなかった。というわけで今回は、知ってる人にも知らない人にもオススメの『ザ・ビートダイナー』をご紹介したい。

・JR東日本が運営

ビートダイナーをご紹介するには、語っておかなくてはならないポイントがある。それは「JR東日本フードサービス」が運営しているということ。駅ナカを中心に展開している「ベッカーズ」で蓄積したノウハウを、グルメバーガーに応用しているというわけだ。

「じゃあチェーン店なの?」と思われるかもしれないが、かつて有楽町に存在したビートダイナーのハンバーガーは、都内でも屈指のウマさを誇っていた。果たして、日本橋のビートダイナーは、かつてのウマさをキープしているのだろうか?

・オススメは「ザ・ビートバーガー」

現在は、「日本橋三井タワー」の地下1階に店舗を構えているビートダイナー。東京メトロと直結なので、地下鉄を利用すれば地上に登ることなく辿りつけるぞ。注文したのは「ザ・ビートバーガー」で価格は税込1350円となっている。

「ザ・ビートバーガー」は、いわゆる“アボカドベーコンバーガー” で、同店のオススメメニューとのことである。清潔感のある店内で待つこと10分ほど、ハンバーガーがやって来た。

さっそく一口いただくと……ムム。バンズの焼き方が絶妙! 下のバンズはサックリと、上のバンズはふっくらと、それぞれ焼き方を変えている。パティはややジューシーさに欠けるが、肉厚で旨味自体は十分だ。強めの味付けでも肉の邪魔をしていない。

アボカドやベーコンも存在感があり、決して量産品のハンバーガーではないことがよくわかる。むしろ、「さすが大手のノウハウ」と感心するウマさであった。

おそらく、懐かしむ声も多いであろう、ザ・ビートダイナー。当時を知る人はぜひ一度足を運んでみてはいかがだろうか。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 ザ・ビートダイナー(THE BEAT DINER)
住所 東京都中央区日本橋室町2-1-1 日本橋三井タワー B1F
時間 月~土11:00~23:00 / 日祝11:00~21:00
休日 無休

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「最強ハンバーガー決定戦


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply