森友学園籠池理事長と見られる人物がYouTubeに動画を公開「マスコミはウソを捏造している」と発言

連日報道されている大阪・森友学園の国有地取得問題。野党は安倍晋三総理への追及姿勢を強めているのだが、全貌はいまだ明らかになっていない。日を追うごとに新たな疑惑が次々と浮上し、混迷を極めているなかで、YouTubeに驚くべき動画が公開された。

その動画を見ると、渦中の人、森友学園の籠池泰典理事長と思われる人物が登場しているのである。国有地取得に関する報道について、マスコミのやり方を批判しているのだ。この人物は本当に籠池理事長なのだろうか?

・マスコミに不快感

動画には、「00001」というタイトルがついている。男性は、えんじ色のカーテンの前に立ち、関西弁で「お話せな、いかん時が来ました」と切り出す。そして約30分間にわたって、国有地の問題について話を繰り広げているのだ。

そのなかで男性は、「マスコミはウソを捏造する」、「私みたいな一民間人をマスコミによって袋叩きにしている。解せない」と、マスコミに対して不快感をあらわにすると共に、報道姿勢を痛烈に批判している。

また、国有地取得については、「誰にも口利きをしてもらってない」と説明している。はたしてこの人物は籠池理事長なのだろうか? もしも理事長なら、なぜ動画のタイトルや説明に、本人の名前がないのか? この動画により、今後の追及に影響があるのかも気になるところだ。

参照元:YouTube
執筆:佐藤英典


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply