【検証】Amazonの人気「訳あり商品」はどのくらい “訳がある” のか?『九州産 豚こま切れ肉 メガ盛り 1.5kg』編

img1488625640363

切れ端だったり割れたりしているため、正規の商品としては売ることが出来ない「訳あり商品」。さて質問じゃ。ここに「訳あり女」と「訳あり商品」がある。どっちがいい? う~ん、訳あり女にも惹かれるものがあるが、選ぶなら……訳あり商品かな! Amazonでも売ってるしね!!

そう、訳あり商品は、実はAmazonでも販売されているのである。そういった商品は値段が安いことも多く、意外と人気だったりするのだ。では、Amazonで売れている訳あり商品とは、どのくらい “訳がある” のか。ちょっと気になるよな? というわけで、実際にポチってみたぞ!

・訳あり天国

とはいえ、Amazonは広大だ。どんな訳あり商品が存在するのか見当もつかない。とりあえず「訳あり」で検索してみるかぁカタカターっと……え? で、出たーーーっ! Amazonに訳あり商品めっちゃある! どいつもこいつも訳ありだらけ! なんか重いよ!!

img_5251

さて、誰に声を掛けようか。多くの訳あり者たちの中から、私が選んだのは『九州産 豚こま切れ肉 メガ盛り 1.5kg』という商品である。一見訳ありのようには見えないが……。しかも「ベストセラー1位」の表示まであるではないか。よし、こいつをポチーッだ!

・冷凍で届く

後日、自宅に冷凍のダンボールが届いた。1.5kgだけあって、それなりに重みがある荷物。慎重に開封すると、中にはビニール袋に入った大量の冷凍豚肉が。我が家に念願の訳あり商品キターーーッ! 250gに小分けされた豚肉が6袋入っているぞ。

img_5145

・一見普通の豚肉

ていうか多っ! 豚肉をこんなに一気に買うなんて初めてだな。で、どこが訳ありなの? まさか産地不明の肉なの? と思いきや、ラベルには「九州産」という表記がある。これが「九州に別れた旦那がいます」とかなら訳あり風だが、どうやら違うらしい。

img_5140

・食べてみた

とりあえず食べてみよう、食べればわかるさ。そこで2袋500g分の豚肉を解凍し、さっそく料理をすることに。さて何を作るか? 決まっている。豚肉つったら、生姜焼き以外ありえないだろ。というわけで、はい一気にジューっと焼いて完成だコラ! それでは、いざ実食。

img_5158

・味に問題なし

正直なところ、料理の最中やや豚肉の臭いが気になった。だが、実際に食べてみると、味付けの濃い料理ならそこまで問題はないと思う。脂ばっかりだとか、固くて食べられないだとか、そういった異常は特にない。ごく普通の豚こま切れ肉と言えるだろう。

img_5175

・「訳あり」の真実

あれ? 訳はどこ行ったの? これでは訳ありを装った、ただのこじらせ女子ではないか。と、よく商品ページを見たところ、こんな1文を発見。

「実は決算棚卸セール価格というだけで、商品そのものは通常商品となんら変わりはございません」

これが好評だったため、値段と量を据え置きで販売を続けているとのことだ。なるほどね、別に訳なんてないのに、自分のこと「訳あり」なんて言っていたのか……。傷つくのが怖いのかな? そんな繊細な女心を感じさせる物語が、この商品にはあったのだった。

img_5154

・お得感は希薄

気になるお値段だが、税込1980円で配送料は無料(北海道・沖縄は除く)である(2017年3月6日現在)。つまり100g当たり約133円だ。近所の大手スーパーでは100g当たり107円だったため、残念ながらそこまでのお得感はない。

ただ、これだけの量を自宅まで届けてくれるというのは、多忙な人にとってはかなり助かるのではないか。Amazon豚肉カテゴリーで1位になっている事実もそれを物語っている。なんにせよ、Amazonの訳あり商品、まだまだ奥が深そうである。

参考リンク:Amazon「【訳あり】九州産 豚こま切れ肉 メガ盛り 1.5kg(250g×6セット)」
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「Amazonベストセラー検証」


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply