【リアルガチ】2017年『穴場だと思う街ランキング』が発表される → 赤羽・池袋・大塚を抑え堂々の1位は……!

家賃はなるべく安く抑えたい。とんでもないお金持ちならともかく、一般庶民ならばきっと誰もがそう思うもの。安くて利便性が高い土地、しかもそれが好きな街ならば最高だ。

そこで今回は、2017年度版の『穴場だと思う街ランキング』をご紹介したい。夢見がちな「住みたい街ランキング」より、遥かに参考になるランキングになっているぞ。

・SUUMOが発表

このランキングは不動産検索サイト「SUUMO(スーモ)」が発表したもの。関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)に居住している人を対象に実施したWEBアンケート形式の結果となっている。それでは一気に10位までランキングをご覧いただこう。

・2017年、穴場だと思う街ランキング

1位: 北千住(JR常磐線)
2位: 赤羽(JR京浜東北線)
3位: 池袋(JR山手線)
3位: 大塚(JR山手線)
5位: 駒込(JR山手線)
6位: 巣鴨(JR山手線)
7位: 田端(JR山手線)
8位: 川崎(JR京浜東北線)
9位: 綾瀬(東京メトロ千代田線)
9位: 和光市(東武東上線)

1位に輝いたのは、3連覇となる「北千住」で、5路線が乗り入れる交通利便性が高く評価されたようだ。また、駅前の再開発や治安の向上などポジティブな要素が重なり、一昔前の「ちょっと怖そう」というイメージはもはや無いらしい。

2位の「赤羽」も都心からのアクセスが良く、家賃が手頃で有名。駅周辺は「センベロの聖地」とされ、物価が安いことでも知られている。「池袋」「巣鴨」「大塚」「駒込」「田端」は全て山手線の駅で、山手線の駅の中では比較的家賃が安いことが特徴だ。

・参考になるランキング

なお、元不動産屋の記者から言わせると、なかなか優良な「使えるランキング」だと思っていいだろう。少なくとも「住みたい街ランキング」で発表されるような、「吉祥寺~♪」「恵比寿~♪」「中目黒~♪」などのカッペ丸出しのランキングよりは遥かに実践的だ。

以前の記事でもご紹介したように、「遊ぶ街」と「住む街」は違う。そういう意味で今回のランキングは、家賃や利便性などのリアルな声がかなり反映されているから、住まい探しを行う際の参考になるハズだ。

参照元:SUUMO
執筆:P.K.サンジュン


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply