ロンブー田村亮「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫やからと言われた」

反社会的勢力が主催する会合に出席していたなどとして、吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之と、謹慎処分となっていたロンドンブーツ1号2号の田村亮が7月20日、東京都内で記者会見した。

会見の後半で、吉本興業に対する思いを聞かれた宮迫は、「感謝しかないですよ、感謝しか…」といって声を震わせた。「こんなことをしたいわけじゃないですか、すみません」と言葉を詰まらせ、涙を流しながら語った。

田村も「僕も一緒です。宮迫さんは会社を攻撃するなんて一ミリも考えていなかったです。自分たちを育ててくれた会社に対して、そんなことを考えてない、その気持ちすら伝わってない」と続けた。

また、田村は「僕がすごく不信に思ったのが、『在京5社、在阪5社は吉本の株主だから、大丈夫やから』と言われました。何が大丈夫か分からないですが、(中略)もともと好きだった会社がこんな風に変わってしまったんだという思いが募っていった」と話した。

会見では、宮迫と田村の2人が、会見を開きたいと再三にわたって吉本側に依頼をしていたことが明らかになった。ところが、吉本は「静観する」「時期はこちらで決める」などと答え、誠実な対応をしなかったという。

会見は、宮迫と田村のそれぞれのTwitterのアカウントで生中継される異例の展開となっていた。

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

宮迫博之さんの謹慎処分が決まった直後、松本人志さん「(お前の)番組にノーギャラでも出たる」

宮迫博之さん

反社会的勢力との関係が問題となり、吉本興業から契約を解除された宮迫博之さんが、謹慎処分が発表された直後、先輩芸人の松本人志さんから「ノーギャラでも(宮迫さんが出演する番組に)出たるから」と励まされていたことが明らかになった。

7月20日、田村亮さんとともに開いた記者会見で打ち明けた。

会見で記者から松本さんに報告したかどうかを問われ、宮迫さんは次のように話した。

「謹慎が発表された後にもう一度松本さんに電話させていただきました。『嘘をついていました、すいません』と。松本さんは、(僕が)休んでいる間、僕の出ている番組に『ノーギャラでも出たるから』と。こんな最低な嘘をついたやつのためにノーギャラでも出たるわ、と。優しい言葉をかけてくれていました。申し訳ないです。すみません」

また、問題発覚当初にも、宮迫さんは、松本さんから「全員がいくらもらったか、細かいことを全部言った方がいい」と助言されたという。

これに対し、宮迫さんは「当初僕はとんでもなく甘く考えておりましたので、『そうですね』と。あんな恩義のある先輩の大事なアドバイスをちゃんと受け止められませんでした」と悔やんだ。

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

ロンブー田村亮「個人的には契約解除してもらいたい」会見で発言

会見をする田村亮さん

反社会的勢力の主催する会合に出席していたなどとして、所属事務所の吉本興業から謹慎処分を受けていたロンドンブーツ1号2号の田村亮が「個人的には契約解除してもらいたい」と発言した。

田村が7月20日、東京都内で雨上がり決死隊の宮迫博之と記者会見をして明らかにした。

田村は、今回の問題について会見を希望したところ、吉本興業から止められたと主張し「不信感しかなくなってしまいました」「(「親」である事務所に)背中を押して欲しかった」などと話した。

 

■「契約解除してもらいたい」

田村はまた、「公表はされてないですけど、契約解除されていると思ってます」とし、宮迫さんと同じく、自身も吉本との契約が解除されている可能性に触れた上でこう続けた。

「僕らの会社は何かサインする訳でもないので、個人的には契約解除してもらいたいと思っています」

日刊スポーツなどは20日、関係者の話として、吉本興業が田村との契約解消をすることを決めたと報じている。

 

この問題を巡っては、吉本興業の所属タレントらが会社を通さない「闇営業」で振り込め詐欺グループの会合に参加していたことが発覚。田村と宮迫がともに金銭を受け取っていたことがわかり、謹慎処分を受けていた。

宮迫はさらに、7月19日発売号の写真週刊誌「FRIDAY」で、金塊強奪事件の主犯格とされる人物と一緒に撮影した写真を新たに掲載された。吉本興業が同日、宮迫との契約を解消していた。

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

ロンブー田村亮「個人的には契約解除してもらいたい」会見で発言

会見をする田村亮さん

反社会的勢力の主催する会合に出席していたなどとして、所属事務所の吉本興業から謹慎処分を受けていたロンドンブーツ1号2号の田村亮が「個人的には契約解除してもらいたい」と発言した。

田村が7月20日、東京都内で雨上がり決死隊の宮迫博之と記者会見をして明らかにした。

田村は、今回の問題について会見を希望したところ、吉本興業から止められたと主張し「不信感しかなくなってしまいました」「(「親」である事務所に)背中を押して欲しかった」などと話した。

 

■「契約解除してもらいたい」

田村はまた、「公表はされてないですけど、契約解除されていると思ってます」とし、宮迫さんと同じく、自身も吉本との契約が解除されている可能性に触れた上でこう続けた。

「僕らの会社は何かサインする訳でもないので、個人的には契約解除してもらいたいと思っています」

日刊スポーツなどは20日、関係者の話として、吉本興業が田村との契約解消をすることを決めたと報じている。

 

この問題を巡っては、吉本興業の所属タレントらが会社を通さない「闇営業」で振り込め詐欺グループの会合に参加していたことが発覚。田村と宮迫がともに金銭を受け取っていたことがわかり、謹慎処分を受けていた。

宮迫はさらに、7月19日発売号の写真週刊誌「FRIDAY」で、金塊強奪事件の主犯格とされる人物と一緒に撮影した写真を新たに掲載された。吉本興業が同日、宮迫との契約を解消していた。

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

田村亮「謝ることを止めようとするのは親ではない。不信感しか…」。吉本興業の対応めぐり涙を浮かべる

反社会的勢力が主催する会合に出席していたなどとして、吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之と、謹慎処分となっていたロンドンブーツ1号2号の田村亮が7月20日、東京都内で記者会見した。

宮迫が経緯などを説明したあと、田村が涙を浮かべながら口を開いた。

田村は「僕はウソをついて、Twitterやラジオでもウソをついてしまって、(同じコンビの)田村淳にもウソをついてしまって…。僕のことを擁護してくれる人もたくさんいて」として、問題が発覚してからの混乱した様子を語った。

また、宮迫とともに、吉本興業に対して何度も会見を求めていたが、同社側は「静観します」などとして早急に対応をしなかったという。

田村は「僕に言わせれば、(吉本が)本当のファミリーだとしたら、子供が謝るのを止めるのは親ではない。不信感しか、不信感しかなくなってしまった」と声を震わせながら話した。

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml