「時短勤務終了」の壁、先輩ワーママはどう乗り越えた?

子育ての面から考えればとてもありがたい時短勤務制度。

「改正育児・介護休業法」では、「3歳に満たない子を育てていること」を条件に、原則1日6時間の短時間勤務をすることが可能ですが、企業によっては小学校入学まで適用など独自の規定を設けているところもあります。

産休・育休を終えて職場復帰するにあたり、多くのママが利用するこの制度。

時短の取り方は人それぞれですが、たとえば9時~18時(1時間休憩をはさむ)の8時間労働のママが時短勤務制度を使う場合は9時~16時の6時間労働となり、通勤時間に1時間かかるとしても、8時に保育園に送り込み、お迎えも17時に行けることになります。

この時短勤務制度が使えなくなる3歳が壁になるというケースも多いようです。

今回は、時短勤務が終わると同時にワークスタイルあるいはライフスタイルを変えたママたちを紹介します。

時短勤務終了とともに、ファミリーサポートに頼りまくって乗り越えた!

2017-03-27-1490599803-7000333-j_16_1.jpg

子どもが生まれる前は、産休前ギリギリまで残業しまくり、自分でいうのもなんですがバリバリ働いていました。でも、子どもを産んだら「バリバリ働きたい」という気持ちが子育てスイッチに変わり、産休も育休もきっちり取り、時短勤務もありがたく使わせてもらいました。

時短中の勤務時間は9時半~16時半、通勤に1時間半かかっても、なんやかんや17時まで仕事しても、スーパーに寄って18時過ぎには保育園にお迎えに行けたのがありがたかったですね。

大問題なのは、時短勤務が終わってからのお迎え!フルタイムの9時~18時に戻ると、お迎えは延長ギリギリの19時半に間に合うか間に合わないか、いや、絶対間に合わない…… 両親も遠方だし70歳を過ぎているのでとても頼めません。さあどうしよう!

そんなとき、時短勤務が終わる数か月前に保育士さんに相談したら、「ファミリーサポートを使っているママ多いわよ」とナイスアドバイスをくれたので、さっそく登録しました。

時短勤務が終わって、フルタイムになったその日からファミサポさんにお世話になることに。事前に何度か親子で会っていたので、子どももすぐに慣れてくれました。

週3日、お迎えと夕飯まで(20時)お願いし、ファミサポさんの家に子どもを迎えに行きました。ほかの2日は私か主人が交代で延長ギリギリ滑り込みセーフで保育園にお迎えに。

長男が3歳の時から、現在も5歳の次男がお世話になっているのでファミサポさんは第2の家族のような感じ。私も週3日夕飯までお願いできるので、気持ち的にも体力的にもとても助けられています。

〔Aさん、金融系、お子さん9歳、5歳〕

安心して子どもをお願いできる預け先があるって、働くママにとっては本当にありがたいことですよね。時短勤務からフルタイムに戻る前に、周りに頼れる人がいるかどうか、いなかったらファミリーサポートのような支援サービスを利用するかどうかなど、しっかりチェックすることをおススメします。

主人に異動してもらった

2017-03-27-1490599877-3594211-j_16_2.jpg

私は、基本的に勤務時間が不規則な編集業務。出産前は終電ギリギリで帰るなんてこともザラにありましたが、時短勤務中は担当の書籍を持たず、サポート業務をメインにしてもらいました。ズレることも多々ありましたが、勤務時間も10時~17時の6時間勤務に。

上司に「フルタイムに戻ったら、また何冊か書籍を担当してもらうよ」と言われていたので、そうなると定時に帰ることなんて絶対に無理! 主人と、時短勤務明けから「子どものお迎え問題」やお互いの働き方などをどうするか、とことん話し合いました。

主人の会社が3年スパンで異動がある企業で、私の時短勤務終了と主人の異動のタイミングがばっちり合ったんです。またしてもとことん話し合い、主人に比較的残業の少ない部署(支社)に異動願を出してもらうことに。

しかもその支社がなんと、保育園と自宅から自転車圏内のところだったんです!

長男が3歳になって、私が下の子の産休に入るまで、お迎えはほぼすべて主人でした。私が残業の時は、帰宅後の夕飯作りから子どもの寝かしつけまで、快く引き受けてくれました。

主人も育児や家事の大変さが分かったようで、今もうまい具合に夫婦で育児・家事分担ができています(笑)

〔Tさん、出版社、お子さん10歳、6歳〕

タイミングもばっちり、ママのニーズ的にもばっちりな異動ですね。なかなかないことだし、なんとも羨ましいお話です。

でも、意外に皆さんの旦那さんにもあることかもしれないので、ぜひ話し合ってみては! 今後の夫婦家事分担にもいい影響を及ぼすかも!?

時短勤務終了と同時に退職、フリーランスに

2017-03-27-1490599932-5423375-j_16_3.jpg

10時~19時が定時の会社でした。時短勤務中は10~17時が普通だったのですが、30分早めてもらい、9時半~16時半勤務で復帰し、その後9時~17時に変更しました。

出産前はマネージャーをしていたのですが、時短勤務中は管理職になれないという会社の規定があったため、アシスタントマネージャという職種で復帰。その頃、海外店舗のオープンを控えていたため、海外出張も何回かしていました。

夫婦双方とも実家が遠方のため、実家に子どもを送り、成田に直行して、また成田から実家に子供を迎えに行く…… なんてこともしていましたね。

夫は海外出張も多く2週間不在ということも多々あるため、私自身が時短でなければ、時間的にも両立は難しいなと感じていました。時短が続けられるように会社側は制度を設定してくれましたが、会社の中で自分のやりたい仕事をやるとなると、保育園を卒園した後のイメージがまったくつかめなかったんです。

結局、小学校以降も長く続けられる働き方を考えて、フリーランスの道を選びました。夫が、「家族の中で1人サラリーマンがいれば、もう1人は自由な働き方をしてもいいんじゃないか」と背中を押してくれたことも理由ですね。

退職してフリーランスになり、ライターや広報の仕事を少しずつ始めていましたが、最終出勤日の1週間後に第2子妊娠がわかり、6ヶ月の時に妊娠高血圧症になったため、一度すべての仕事をやめざるを得ませんでした。出産後も長男の保育園を継続するために少しずつできる仕事を開始し、その後、編集の仕事や広報の仕事をいただけるようになりました。

今は、8時過ぎに長男を見送り、次男を保育園に送って9時ごろから仕事を開始、お迎えは5時半くらい。フリーランスはで自分で時間や仕事量をコントロールすることができるのがとてもやりやすいと感じています。
〔Mさん、フリーランス、お子さん8歳、5歳〕

時短が終了してからのことだけでなく、「これからの子どもが成長に合わせた働き方」という長期スパンのライフワークを考える、ということも大切なのかもしれません。それにしても旦那様の言葉いいですね、思わず惚れてしまいそうです!

2017-03-27-1490600021-7288717-j_16_4_2.jpg

フルタイムに戻る=子どものお迎えに間に合わない! が壁になるケースが多いようですね。あるいは、「子どもに接する時間がなくなってしまう」という罪悪感が壁になるということも多いと思います。

働くママやパパは、子供が成長するたびにいろいろな「壁」にぶちあたります。そしてその度に、さまざまな選択や決断を迫られます。

でも、その選択や決断に「これ!」という正解なんてありません。「これでよかったのかな」の連続。そのときそのときできちんと対応ができているなら「それでよし!」という気持ちで時短勤務終了を恐れず乗り越えましょう。

【ライター 田崎 美穂子】
元大学出版会編集者、大学生向けのテキスト編集を担当。小学校5年、3年、1歳児の母。ママ友ネットワークを駆使した共感できる記事を執筆

————————————
ワーママを、楽しく。LAXIC
————————————

LAXICは、「ワーママを、楽しく」をキャッチフレーズに子育ても仕事も自分らしく楽しみたいワーママやワーパパ、彼らを取り巻く人々のための情報を集めたWEBメディアです

■合わせて読みたい記事
・働くママのリアルな1日 ~スケジュールを見直してみませんか?
http://laxic.me/article/lifestyle/2017/03/l_113

・育休復帰前に「これはやっておけばよかった!」~先輩ママのアドバイスとは
http://laxic.me/article/lifestyle/2017/02/l_106

・「なんで私ばっかり!?」ママvsパパ、家庭の不満と解決策を大調査!
http://laxic.me/article/lifestyle/2016/12/l_94

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

ともさかりえ「ほらみろ、と言われてしまえば返す言葉もない」 スネオヘアーと離婚

女優、ともさかりえさん(37)が3月29日、ミュージシャンの「スネオヘアー」こと渡辺健二さん(45)と2016年末に離婚したことを、自身のブログで報告した。ともさかさんは「ほらみろ、と言われてしまえば返す言葉もないのが正直なところです」と綴った。慰謝料などもなく、円満離婚という。

何とか良き風が吹くよう、夫婦で沢山話をしながら進んできたものの、いつしか心が折れてしまいました。少し距離を置いてみたり、新しい形を模索してみたものの、気付けばそれは私達が思う家族の形ではなくっていました。音楽をつくり、うたをうたい、デリケートな心を持っている彼は、生活と仕事をきっぱり線引きできる私とは全く違う。私は母親でもあるので、常にどこか現実的な事柄に支配されて生活をしています。そのあたりのバランスが、いつしか交れなくなってしまったのかもしれません。

お祝いをしてくれた友人や、支えてくださった皆さまを裏切る結果となり申し訳ありません。何より、大人の勝手な選択の中に巻き込んでしまった息子に対しては、本当に申し訳なく思います。
 
ご報告|ともさかりえ オフィシャルブログ Powered by Amebaより 2017/03/29 11:29)

2人は2010年の映画「アブラクサスの祭」での共演をきっかけに、11年に結婚した。ともさかさんは前夫の舞台演出家、河原雅彦さん(47)と08年に離婚しており、2度目の離婚。スネオヘアーさんも3度目の離婚となる。

ともさかさんは河原との間に長男がおり、ブログでは「12歳になった彼は、私が考える以上に大人で、それは環境が大人にさせてしまった部分も勿論あると思うのですが、それでも素直に優しく育っていて、これが何よりの救いです」と記した。

ともさかさんは東京都出身。主な出演作は、NHK「あさが来た スピンオフ 割れ鍋にとじ蓋」、日本テレビ「結婚に一番近くて遠い女」、映画「PとJK」、舞台「キネマと恋人」など。

▼画像集が開きます▼

【※】スライドショーが表示されない場合はこちらへ
Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Stephen Colbert Ridicules Donald Trump's Push For 'Clean Coal'

Stephen Colbert trashed President Donald Trump’s proposed rollback of Obama-era environmental regulations on Tuesday.
The “Late Show” host mocked the president’s insistence that his push for so-called “clean coal” would have no negative effect on the environment. 
“I know clean coal sounds like an oxymoron, but so does President Trump,” Colbert said.

Tonight! Trump claims his rollback of Obama's environmental protections won't hurt the earth, but nature begs to differ. #LSSC pic.twitter.com/pDjjC1Jn8z— The Late Show (@colbertlateshow) March 29, 2017
//platform.twitter.com/widgets.js

To further highlight the absurdity of Trump’s claim, Colbert referenced his (fake) high school girlfriend who “worked with clean coal in the clean mines.”
“She told me that they mine the clean coal and put it on that silver-bullet train and then they sent it to Narnia where the Keebler Elves use it to power the pump on the fountain of youth,” Colbert said.
Check out the segment above.
Tina Fey, Alec Baldwin, Tom Hanks, Tracy Morgan, Maggie Gyllenhaal, Michael Moore, Padma Lakshmi and a whole host of other stars are teaming up for Stand for Rights: A Benefit for the ACLU. Donate now and join us at 7 p.m. Eastern on Friday, March 31 on Facebook Live. #standforrights2017 
type=type=RelatedArticlesblockTitle=Related Coverage + articlesList=58da19ffe4b0f805b3233be3,58da4ca9e4b0f805b3239270,58da0294e4b00f68a5ca44b7,58da2d8be4b0f805b3236808 — This feed and its contents are the property of The Huffington Post, and use is subject to our terms. It may be used for personal consumption, but may not be distributed on a website.
Source: http://www.huffingtonpost.com/feeds/index.xml

東芝の原発子会社ウェスチングハウスが経営破綻 連邦破産法11条の適用申請

WHが破産法の適用を申請 東芝の米原発子会社

 東芝の米原発子会社ウェスチングハウス(WH)は現地時間29日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し、経営破綻(はたん)した。米国で手がける原発4基の建設で巨額の追加費用が発生し、経営に行き詰まった。

 WHは設計などを手がけた原発の世界シェア(設備容量ベース)が、20%を超える世界的な大手原発メーカー。破綻(はたん)後も今の経営陣のもとで事業を続けながら再建を目指す見通しだ。

 今後、現地電力会社をはじめとする債権者に借金を減らしてもらうことを含む再建計画をまとめ、関係者の同意を取り付けて裁判所の認可を得るなどの再建手続きを進める。東芝は今年度、WHを巡って7千億円超の損失を計上する見通しだが、WHの破綻処理で損失は1兆円規模に拡大するとみている。

(朝日新聞デジタル 2017年03月29日 15時58分)

関連ニュース

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供)

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

3 Storm Chasers Killed In Car Crash As They Pursued Texas Tornado

Storm chasers pursuing a tornado collided at an intersection in Texas on Tuesday, killing three. 
Two of the storm chasers, Weather Channel contractors Kelley Gene Williamson, 57, and Randall Delane Yarnall, 55, were in a Chevrolet Suburban live-streaming their pursuit of the storm when the feed cut out as they reached a rural intersection outside of Spur. 
Spur is about 60 miles east of Lubbock. 
Police said Williamson ran a stop sign and hit a Jeep driven by 25-year-old Corbin Lee Jaeger, who was also chasing the storm, according to KWCH.
Williamson, who was not wearing a seatbelt, was ejected from the vehicle, KFDM reported. 
Sgt. John Gonzalez of the Texas Department of Public Safety told CBS Dallas that the weather did not play a direct role in the collision. 
“We would encourage anyone driving down these remote roads to slow down and pay attention to traffic signs especially in inclement weather. It can become dangerous for all involved,” Gonzalez told the station.
Jaeger had posted a picture of his Jeep earlier in the day as he waited for the storm:

//dk79lclgtez2i.cloudfront.net/embed.js

The Weather Channel released a statement on Williamson and Yarnall, who were featured in a two-part show called “Storm Wranglers” last year:

“This afternoon we learned that three people died in a car accident in Texas, including two contractors for the Weather Channel, Kelley Williamson and Randy Yarnall. Kelley and Randy were beloved members of the weather community. We are saddened by this loss and our deepest sympathies go out to the families and loved ones of all involved.”

The three storm chasers were mourned online by the weather community:  

Condolences to the families of stormchasers Kelley Williamson, Randall Yamall, and Corbin Jaeger killed in a TX car crash today. #RIP— Mark Robinson (@StormhunterTWN) March 29, 2017
//platform.twitter.com/widgets.js

Sad day in the weather today. Three storm chasers killed in car crash. RIP Kelley Williamson, Randy Yarnall & Corbin Jaeger. #chaserfamily— RobertHahnVNL (@RobertHahnVNL) March 29, 2017
//platform.twitter.com/widgets.js

Sad news in weather community again. fatal accident involving storm chasers. I am sure disc will come, right now just prayer/thoughts needed— Marshall Shepherd (@DrShepherd2013) March 28, 2017
//platform.twitter.com/widgets.js

RIP storm chasers killed in crash. #Missouri #Texas #StormChasers https://t.co/lweJKjXdkD pic.twitter.com/Ldo4L2Ofuw— Paula Morehouse (@PaulaMhouse) March 29, 2017
//platform.twitter.com/widgets.js

RIP Kelley Williamson and Randy Yarnell. You will forever be missed . Praying for your families #StormChasers— Kim Ashley (@texaskat2003) March 29, 2017
//platform.twitter.com/widgets.js

RIP Kelley Williamson and Randy Yarnall. Great guys. Terrible loss to the weather community. Thoughts are with their families tonight.— Chris McBee (@McBeeWX) March 29, 2017
//platform.twitter.com/widgets.js

Today is a tragic day for the storm chasing community: RIP Kelley Williamson, Randall Yarnall and Corbin Jaeger.— PSU Chase (@PSUStormChase) March 29, 2017
//platform.twitter.com/widgets.js

//dk79lclgtez2i.cloudfront.net/embed.js

Prayers to the families of the storm chasers who died in a fatal car accident near Spur, TX this afternoon.— Donald Blondell (@OKCStormWatcher) March 28, 2017
//platform.twitter.com/widgets.js

Lost 3 great chasers today. One was a friend & member of the #AZWX community. I’ll sure miss your passion for weather & aviation. RIP Corbin— Bryan Snider (@BryanSnider) March 29, 2017
//platform.twitter.com/widgets.js

”The storm chaser community is a very unique, close-knit group of friends and family who are driven by a common passion for extreme weather,” AccuWeather extreme meteorologist Reed Timmer said. “Their shared passion and experience for chasing tornadoes, and especially for warning people in their path, will be forever missed here in Tornado Alley and beyond.” — This feed and its contents are the property of The Huffington Post, and use is subject to our terms. It may be used for personal consumption, but may not be distributed on a website.
Source: http://www.huffingtonpost.com/feeds/index.xml

破産した『てるみくらぶ』の内定取消者を無条件採用!『JALF』が何をする団体か不明すぎたので問い合わせてみた!!


2017年3月27日、破産手続きが開始した格安海外旅行業者「てるみくらぶ」。テレビ朝日によると、そんな「てるみくらぶ」は今年度50人ほどの内定者を出していたという。新年度が目の前まで迫ったこのタイミングで突如就職先がなくなってしまった新卒生たちは哀れと言うほかないが、そんな彼ら彼女らに救いの手が伸びた

なんと「JALF」が、内定を取消された学校卒業生をほぼ無条件で採用することを発表したのである。捨てる神あれば拾う神あり! でも、団体名聞いたことないんだけどココって何してるとこ? そう思って、HPを見てみたところ……団体の説明がイミフすぎィィィイイイ!!

・JALFとは

まず、HPを開くと、トップには「財団法人宿泊施設活性化機構」との文字が躍る。ふむふむ、財団法人なのか。だが、「宿泊施設活性化機構」って何だ? 耳馴染みがなさすぎる言葉である。具体的に何をやっている団体なのか……組織情報の「JALFとは」という項目を開いてみると下記の説明が書かれていた。

これは、或る男の思いが形となって始動した。或る男は、都市銀行からシンクタンクを経て監査法人系コンサルティングファームに。
そこで、零細旅館から超大型ホテルまで、様々な宿泊施設の事業再生を手がけていく。

男が常に感じていたことがある。

『宿泊施設においては、マーケティング機能がほぼ欠如し、加えてセールス機能も極めて脆弱である』と。その一因が、「目の前に来たお客様を全力でもてなせばよい」というメッセージ発信にあると気づく。つまり、「お客様が目に前に来るまでの販路や累積消費額は考えなくてよい」という幹部からの指導が存在しているからである。

なぜなら、一旦接客担当の従業員にまでゲストの区別を託すと、根拠なき差別の危険性をはらんでいるからだ。肝心のリピーターゲストを見落として、怒らせることが明らかであると幹部が考えているからである。それが管理職に昇進したとたん、売上げ向上が担務となる。わかるわけがない。

かくして、積極的セールスではない、新しいコミュニケーションの形で継続的に売る仕組みを構築するマーケティングが宿泊施設にはなかなか根付いていかないのである。

次に男が感じていたのは、外資系ホテルの優越。『なぜ日本の宿泊施設はダメなのか?』
答えは簡単であった。

1.右脳的付加価値販売ができないから(左脳的(合理的)な割引販売しかできない)
2.本部に各ホテルのベストプラクティスをいったん吸い上げ、各ホテルに再配分する仕組みが動いていないから。
(中略)

これらの課題はいずれもコミュニケーションに基づくものである。そう、宿泊業界はコミュニケーションが下手なのである。お客様とのコミュニケーション、同業者同士のコミュニケーション、政界とのコミュニケーション、官界とのコミュニケーション、経済界とのコミュニケーション、就労希望者とのコミュニケーション、一般国民とのコミュニケーション、etc

JALF = 業界広報組織
「同業者同士のコミュニケーション以外」のすべてのコミュニケーションの推進・支援を担務する、新しい組織です。JALFはいわゆる「業界団体」ではありません。現存する全ての「業界団体」と、補完関係にあるコミュニケーション支援・促進団体です。

まずは、黒字化するノウハウと各種相談権に対して、年会費をお納めいただければ幸いです。必ずや、国民および政官へ宿泊業界のプレゼンスを高めてまいります。」(原文ママ)

──イミフすぎ説明する気なさすぎィィィイイイ!「答えは簡単」と言っておきながら、「1.右脳的付加価値販売ができないから(左脳的(合理的)な割引販売しかできない)」って答え難しすぎーーーーーー!! 結局何するとこかがわからなかったので、『JALF』に直接聞いてみた。『JALF』って何なんですか?

JALF「宿泊の業界団体です。『政観広報』『業界内広報』『一般国民広報』の3本柱で活動していますね」

──『政観広報』って何するんですか?

JALF「『政策提言』などをしています」

──せ、『政策提言』……?

JALF「宿泊における法律や法令の問題を政府、内閣などに提言する活動ですね」

──何それ凄そう。では『業界内広報』は?

JALF「収益向上のノウハウを業界内でシェアしたりして広めていく活動になります」

──コンサルティング的な感じですかね。

JALF「そうですね。例えば、ホテルに広報担当として常駐しつつディレクターとして活動するなどの仕事があります」

──なるほど。『一般国民広報』はどんな感じなんでしょうか。

JALF「宿泊産業や施設の情報を国民に広める仕事です」

──それって具体的には何をするんですか?

JALF「フェイスブックやTwitter、HPなどで情報を発信したり、ドラマやCMなどで広めたりの広告関係全般ですね」

──なるほどなるほど。この団体に入った場合、具体的な業務の内容を教えてください。

JALF「団体全体の業務は多岐に渡るので、その人の向き不向きに合わせて……という感じです。団体の業務には、経理などの一般事務から、イベントもやっているので企画・立案が得意な人も歓迎です」

──仕事量ってどれくらいあるんですか?

JALF「仕事は毎日降ってくるように一杯あるので、自ら仕事を見つけて能動的に動ける人は人脈もノウハウもグイグイ広がるでしょうね。ただし、ずっと指示待ちのような受け身の人には難しいかもしれません」

──ありがとうございました。専門用語的なものが連発したため、キョドってしまったが、要するに、宿泊業界全体をアピールする広告団体というイメージのようだ。また、HPの求人募集に記載されていた給与は以下の通り。

・給与

「正社員(健康保険共済年金雇用保険労働保険加入)総給与額14万円~35万円
契約社員(雇用保険労働保険加入)総給与額15万円~38万円
アルバイト(時給制各種保険加入なし)総給与額18万円~40万円
※報酬は金銭的対価が主体ではなく、知識や人脈などのナレッジが対価の主体となります。」

──安いと見ることもできるが、仕事の面白さと広がりを最優先したい人には良いかもしれない。いずれにせよ、まさかの事件で土壇場で内定が取り消された人にとっては神対応であることに変わりはないだろう。

なお、フェイスブックによると締め切りは3月31日23時59分。「ご希望の学卒者の方々は、ダイレクトメッセージをください」とのことなので迷ってる人は急げ!

参照元:JALF、Facebook @jalf.japanテレビ朝日
執筆:中澤星児


Source: Rocket news Japan

毒物カレー事件 林真須美死刑囚の再審認めず 和歌山地裁 | NHKニュース

平成10年、和歌山市の夏祭りでカレーライスを食べた67人がヒ素中毒になり、4人が死亡した毒物カレー事件で、和歌山地方裁判所が、林真須美死刑囚が求めていた再審=裁判のやり直しを認めない決定を出したことが関係者への取材でわかりました。
Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml