これが究極に進化した「折り鶴」なのか…!! 日本の折り鶴が海外アーティストの手にかかるとスゴイことになる

折り紙の中でもとりわけメジャーな形である「折り鶴」。日本で生まれ育った方なら1度は作ったことのある方がほとんどだろう。

今回は日本で親しまれている「折り鶴」を独自の方法でアレンジした海外アーティストをご紹介したい。彼の名前はクリスティアン・マリアンチウクさん。同氏のInstagramアカウントでは思わず目を奪われる美しい作品の数々を見ることができる。

・バラエティーに富んだ折り鶴の数々

ルーマニアを拠点に折り紙アーティストとして創作活動を行なっているクリスティアンさん。Instagramにアップされている作品をチェックしてみると……

なんて繊細で芸術的な折り鶴だろうか!

さらには色鮮やかな作品や……

ゴージャスな作品……

花を使った作品など、とにかくバラエティに富んでいるぞ!!

・「Etsy」で作品が購入可能

クリスティアンさんのFacebookページによると、毎日オリジナルの折り鶴を365日間折り続けるという目標を自分に課して、それを達成。さらに1000日間へと目標を変更したらしい。創作活動を継続することもスゴいが、SNSの投稿を遡って見てもワンパターンになっていないところがまたスゴい。

ちなみに作品の実物を目の前でじっくりと観賞したい方は、海外の大手ハンドメイドマーケットプレイス「Etsy(エッツィ)」で購入することも可能だ。その繊細な折り鶴の美しさに魅せられた方は要チェックである。

参照元:Instagram @icarus.mid.air、Etsy 「IcarusMidAir」
Photo:Cristian Marianciuc, used with permission
執筆:K.ナガハシ


Source: Rocket news Japan