Internet provider with low cancellation fees?

I currently live in an apartment rented from Oakhouse, with internet included, but I am soon moving to a private flat for a year (I am an exchange student so only here for the short-term). The flat has hikari fiber connectivity but I'll have to make my own contract. This is in Tokyo area. The problem is that I will only be here for a year, but most contracts seem to be 2-year ones. They also don't seem to be very transparent about the cancellation fees.

I am wary of entering a contract which has cancellation fees of like 30.000 yen when I end my contract in 11 months or so. At least I've dodged a bullet with my phone (I have Mobal's unlimited MVNO wifi with no cancellation fees, but they only offer a mobile service).

Could anyone advice on which company is the most reasonable with cancellation fees? I don't mind paying some cancellation fees, I'd just prefer they were moderate. I know lots of companies have these ninenwari discounts, but if you cancel before 2 years have passed, is the cancellation fee really high? Are there any companies which specifically offer 1-year contracts (I haven't found any so far)?

I've been in talks with Asahi Net, who say their cancellation fees would be 2000 yen, which sounds reasonable. However, the contract they were offering was pretty expensive in itself, totalling 6000 yen a month with installation fees included. Do you think I could get a better deal with this/low cancellation fees AND low monthly fees? Or should I just go with Asahi net and pay 6000 a month plus 2000 in cancellation fees?

Sorry if this has been asked before, Google mostly came up with questions related to short-term wifi and I couldn't find a discussion on this specific question.

submitted by /u/glilikoi
[link] [comments]
Source: Reddit RSS

もしあなたの飛行機のチケットに「SSSS」と印刷されていたら…大変なことになるかもしれない

もしあなたが空港に行って、渡された搭乗券(ボーディング・パス)に「SSSS」と書かれていたら…あなたはFBIの「要注意人物」に誤って選出されているかもしれない。

アメリカからの出入国、あるいは経由する飛行機の搭乗券には、「SSSS」とプリントされる場合があるのだという。ビジネス・インサイダーが指摘した。

SSSSの文字が示しているのは、「Secondary Security Screening Selection」。つまり、2段階目のセキュリティチェックの対象者に選ばれた、という意味だ。

選ばれた乗客は、カバンの中身や、旅行計画についての質疑応答、ボディチェックなどで10〜30分間の追加のセキュリティチェックが課せられる。もしも問題なく通過できれば、チェックを受けたあとで飛行機には通常通り搭乗できるというが、念のため、空港には早めに到着すべきだろう。

BBCのバーマン・カルバシ記者は、自分の搭乗券には常に「SSSS」が印刷され、荷物の一つ一つが厳重に調べられていると訴えている。

アメリカのTSA(運輸安全局)の規定によると、この「SSSS」コードは2010年から運用が始まり、同時多発テロ事件のあった2011年9月11日以降に成立した法律を根拠にしている。

TSAの担当者によると、FBIのテロ対策ウォッチリストに名前がある乗客の搭乗券にはこのコードが印刷されるという。しかし、名前の記載がない人に対してもランダムに適用される。

ハフポストUS版の取材に対して、担当者は「このシステムは搭乗者の危険性を事前に察知するプログラムで、乗客が空港に訪れる前に、乗客の名簿とウォッチリストを突き合わせることによって航空の安全性を高めます」と話した。

「直前に航空券を購入した人や、片道だけしか購入していない人、危険性のある国からアメリカに帰国する人は、よりSSSSの対象になる可能性が高いでしょう」と、旅行の専門家は指摘している。

理由はわからないが「トルコに行った帰りには必ずSSSSがプリントされているようだ」と投稿したブロガーもいた。

また、人種差別的な選別が行われていることを疑うツイートした人も。

//platform.twitter.com/widgets.js

またしても私はJFK空港で「ランダムに」選ばれ、搭乗券にSSSSとプリントされたようだ。不思議なことに、選ばれた中に白人は1人もいなかった。

ライフハッカーによると、もしあなたが、時たまSSSSに選ばれる程度ならば、過剰に心配することはない。

しかし、もし頻繁にプリントされるようだったら、もしかしてあなたはFBIのウォッチリストに間違って入れられている可能性がある。そうした場合は、政府機関に連絡をすることを専門家は呼びかけている。

//platform.twitter.com/widgets.jsハフポストUS版に掲載された記事を翻訳・編集しました。
Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

「聞く」 集中力を高めるために一番小さい音を意識する

「聞く」と一言で言った時に、英語では、hear、listen、ask、の3種類があります。

漢字では、「聞く」「聴く」「訊く」の3種類です。

hearは、自然に耳に入ってくる状態。

意識せずに聞いている状態です。

listenは、意識して聞いている状態。

かつて英語では「ヒアリング」と言ったのを、今では「リスニング」と言うようになったのはここから来ています。

集中して聞いている状態です。

漢字では「聴く」と書きますから、「目と耳と心で聴く」なんて解説されたりします。

そして、askは積極的・主体的に尋ねる・質問する聞き方です。

積極的に聞くためには、他の人の話を聞こうとする間、心の中の会話を黙らせておくという、訓練された行為が必要になります。

そのためには、集中力が必要です。

まずは、「聞く」集中力を高めるために、1分間、身の回りで聞こえる一番小さな音に集中してみてください。

屋内であれば、屋外を走る車の音、雨の降る音、風のそよぐ音、あるいは、蛍光灯の音、電気の流れる音、近くの人の息遣いや、心臓の鼓動など、

ご自身が「一番小さい」と思う音であれば何でも構いません。

その音に1分間、意識を向け続けてみてください。

こういう時間を持つと、「聞く」集中力が養えますし、心も静かに整います。

勉強や仕事、読書など、何かを始める前に、こうした時間を1分だけでも持つと、それだけで集中力が違ってきます。

ぜひ、日常生活に取り入れてみてください。

(2017年03月17日「ボトルボイス」より転載)


Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

突然、内定取り消し!これっていいの?【働くみんなのワークルール】

内定がでたから就活をやめたのに、急に内定取り消しの連絡…そんなことって許されるのでしょうか?今回のテーマは「労働契約」について。

Q 突然、内定を取り消されてしまった。これっていいの?

A 会社は簡単に内定を取り消すことはできません。

内定を取り消すためには、社会の常識にかなう納得のできる理由が必要です(例:学校を卒業できない、履歴書の不実記載、企業の経営状況の悪化など、内定時に予測できなかった重大な理由)。

特に経営状況の悪化を理由とする場合は、会社として最大限の経営努力を行い、内定取り消しを防がなければなりません。

働くときの約束事『労働条件通知書』ってなに?

働くことが決まったら、会社(使用者)は労働者(アルバイトも含む)に、働く条件を書面(労働条件通知書)で明示することが決められています。書面の条件が求人票・求人広告や募集要項と違っていないか、確認しましょう。

明示義務のある重要項目

●働く期間(契約はいつから、いつまでか)

●働く場所・仕事内容(どこでどんな仕事をするのか)

●働く時間・休みの日(就業時間、残業の有無、休憩時間、休日など)

●給料(賃金の決定、計算と支払い方法、締切と支払日)

●退職に関すること(解雇の事由を含む、辞めるときのきまり)

※有期労働契約の場合は、上記項目に加えて他にも明示すべき項目が決められています。

このページは連合HPでも配信中!皆さんもお使いください。 働く上で最低限必要なワークルールや相談窓口をまとめたスターターBOOK改訂版をぜひご活用ください。

ワークルール検定とは 労働基準法や労働組合法などの法律や、ワークルールに関する一般的な知識を問う検定試験。厚労省も後援。次回は2017年11月23日! 問合先:(一社)日本ワークルール検定協会 03-3254-0545  HP http://workrule-kentei.jp/

仕事での不安や悩みは、職場の労働組合に相談しましょう。職場に労働組合がない場合は、「連合 なんでも労働相談ダイヤル【0120-154(いこうよ)-052(れんごうに)】」にご相談ください。

※こちらの記事は日本労働組合総連合会が企画・編集する「月刊連合 2017年8・9月合併号」に掲載された記事をWeb用に編集したものです。「月刊連合」の定期購読や電子書籍での購読についてはこちらをご覧ください。


Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

【悲報】東京の『パックマンカレー』が海外サイトでボロクソに叩かれる「クソまずいから絶対食うな」→ どれだけまずいのか実際に食べてみた

日本の食べ物は世界一ィィィィイイイ! 日本が誇る日本食。海外で日本食は大人気。そう思っていた時期が私(あひるねこ)にもありました……。そう、すべての日本食が絶賛されるわけではないのだ。叩かれる時は叩かれる。それが現実なのである。

先日、とある海外サイトに東京・新宿にあるVR施設「VR ZONE SHINJUKU」で提供されている『パックマンカレー』を酷評する記事が掲載された。「絶対に食うな」と読者に注意まで促している始末。マジかよ、一体どんだけまずかったんだ? 気になったので実際に食べに行ってきたぞ。

・外国人ライターが酷評したカレー

アメリカのライターであるクリス・コーラーさん。海外サイト「Kotaku」に投稿した記事には、「パックマンカレーは絶ッ対に食うな」という奇妙なタイトルが付けられていた。彼は文中で、カレーについて「ひどい味だ」と酷評しているのである。

ちなみにクリスさんは、文中にも書かれているように日本のカレーの大ファンだ。かつて『ゴーゴーカレー』への深い愛を綴った記事を書いて話題になった、と言えばピンとくる人も多いのではないか。そのクリスさんがボロクソに叩いたカレーって、一体どんな味なんだろう? こいつは気になるぜ。

・歌舞伎町のVR施設

そこで、問題の『パックマンカレー』を実際に食べてみることに! 『パックマンカレー』は、東京・新宿歌舞伎町の「VR ZONE SHINJUKU」内にあるカフェ「GLAMPER’S」で食べることができるという。2017年7月にオープンした新しいVRエンタメ施設だ。

まずいというカレーのためだけに、入場料800円を払って中に入ったぞ。激しく楽しそうなVRには目もくれず、カフェ「GLAMPER’S」で『ぱくぱくパックマンカレー(税込1382円)』を注文した。オシャレで雰囲気もいいが、こんな新しい施設でまずい食事なんて出てくるのか?

・ひどい味と言われたカレー

待つことしばし。いよいよ『パックマンカレー』とのご対面の時間である。茶色と黒の2色のカレーの上で、ターメリックライスで作られたパックマンが大きな口を開いて鎮座しておいでだ。えっ、カワイイじゃん! パックマンの再現度も高い。ただまあ、ウマそうかと聞かれたら微妙ではあるが……。

・「口」がクソ熱い

パックマンの口はプラスチック製のようだ。どこかカスタネットを思い出す形状をしている。そういえば、クリスさんもこの口部分について言及していたはず。たしか超熱いとかなんとか。まあ、どちらにせよ取り除かないと食べられないしな。そう思い、手で触ってみると……。

あッッッつゥゥゥゥウウウウウ! なんだこれ、あっちィィィイイ!! 触れねーよこんなん! ライスを冷まさないためなのか、口部分のプラスチックが地獄のような熱さで、反射的に指を離してしまった。パックマン、こいつ口から何放出してんだよ。

・食べてみた

その後もなかなかライスから剥がれない口と格闘しつつ、最終的にはパックマンをスプーンでバラバラに解体するという惨劇が繰り広げられた皿の上。それでは、問題のカレーをいただいてみるとしよう。

黒いカレーと茶色いカレー、どちらも一口ずつ食べてみる……が。

うーーーーーーーーーん、別に普通じゃね? 特別にウマいというわけではないが、ごく普通のひき肉を使ったカレーで味に問題はない。たしかにクリスさんが言う通りミートソースっぽくはあるものの、「ひどい味だ」とまで断罪するようなものでは決してないという感想を持った。

・自分自身で確かめて

もしかしたらクリスさんの中では、日本のカレーが非常に神聖視されており、カレーの話になると海原雄山並みの辛口評価をしてしまうのかもしれない。とにかく、他人の意見だけで分かったつもりになるのは愚かなことだ。ぜひあなたも自分の目で見て舌で味わい、自分なりの評価を下してほしい。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 GLAMPER’S
住所 東京都新宿区歌舞伎町1-29-1 VR ZONE SHINJUKU内
時間 10:00~22:00
休日 年中無休

参照元:KotakuGLAMPER’S
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: Rocket news Japan

スペースワールド「シャトルの模型、10億円で売ります」

年内で閉園が決まっているテーマパーク「スペースワールド」が9月22日、同園のシンボルとなっていたスペースシャトルの実物大模型を、10億円で譲ると発表した。移設運搬およびそれに関わる諸経費は含まれていないという。

クラウドファンディングサイトより

スペースワールドはこの日、閉園日に花火大会を開催することを目指して、クラウドファンディングサイトで資金支援の呼びかけを始めた

企画サイトによると、目標額は花火大会開催費の半分にあたる1500万円 と設定されているが、目玉として10億円を支援してくれた人には特典で、スペースシャトルの模型を譲るとしている

(function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = “//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.10&appId=1655333398061607”; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, ‘script’, ‘facebook-jssdk’));

2017年9月22日(金)で、閉園まであと残すところ100日となりました。  最終日のイベント内容の一つとして、応援いただいている皆様と一緒に創り上げる取り組みができないかと考え、クラウドファンディングを利用して伝説のイベントショーの復活に…

スペースワールドさんの投稿 2017年9月21日

実物大模型は「ディスカバリー号」を再現しており、開園した1990年から設置されている。高さは約60メートルあるが、建設にかかった金額は不明

毎日新聞によると、スペースワールドは跡地について、イオンモールと優先的に交渉しているという。3月29日付の日経新聞では、ジェットコースターなど遊具の一部を残す構想もあると報じられた。

https://scdn.line-apps.com/stf/line-news/js/thirdparty/banner2.js

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:’https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’);


Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml