最新作「ターミネーター:ニュー・フェイト」の予告編が公開! サラ・コナーの登場シーンが映画史に残るカッコ良さ

映画史に残る不朽の名作、ターミネーター。シリーズは全て大ヒット! どれを観ても面白い!! ……と言いたいところだが「最高なのはターミネーター2まで」と、どこかで誰かが言っていた……気がする。

そんな声を反映してか「ターミネーター2」の正当な続編として2019年11月に公開されるのが『ターミネーター:ニュー・フェイト』だ。5月23日、その予告編が公開されたのだが、これが超カッコいい! 特にサラ・コナーの登場シーンは映画史に残るキレキレのカッコ良さである。

・ジェームズ・キャメロンが復帰

名作「ターミネーター2」以降は、3、4、ジェニシスと3本の映画が公開されてきたターミネーターシリーズ。そちらの評判は置いておくとして、最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』には生みの親「ジェームズ・キャメロン」が復帰している点に注目だ。

本作は「ターミネーター2」の続編として描かれ、ターミネーターを演じるアーノルド・シュワルツェネッガーはもちろんのこと、「サラ・コナー」を演じるリンダ・ハミルトンが28年ぶりの復帰を果たしていることでも話題になっている。

・サラ・コナーがカッコ良すぎる

5月23日に公開された海外予告編動画では、28年の時を経て「動くサラ・コナー」が確認できるのだが、これがめちゃめちゃカッコいい! こちらはぜひ動画をご覧になっていただきたいが、ワイルドにしてロック、無表情でバズーカ砲をぶっ放すサラ・コナーは必見だ。

そのカッコ良さは、そんじょそこらのキャラクターとは比べ物にならず、登場シーンだけで言えば「映画史の残るカッコ良さ」ではなかろうか? 動画を見ればきっと多くの人が「こんなサラ・コナーを待っていた」と感動するハズだ。

また、動画ではT-800(ターミネーター)役のアーノルド・シュワルツェネッガーも確認できる。その登場シーンもグッと胸に込み上げるものがあるので「ターミネーター」と「ターミネーター2」が好きな人はぜひ、ご自身の目でご確認いただきたい。

監督を「デッドプール」のティム・ミラーが務めるなど、話題の『ターミネーター:ニュー・フェイト』。日本での公開は2019年11月を予定している。

参照元:YouTube
執筆:P.K.サンジュン
Photo:c 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.


Source: Rocket news Japan