胃がんは撲滅できる 横須賀市と地元医師会の挑戦 前編

「胃がん検診」と聞いて何を思い浮かべるだろうか。バリウムを飲んでぐるぐる回される、胃カメラが苦しい、そういったあまり良くないイメージを持っている方も多いと思う。

近年その胃がん検診に新たな検査方法が登場した。採血で胃がんの原因となるピロリ菌の有無を判定する「胃がんリスク検診」というものだ。

一部の自治体では検診方法として採用されており、採用している自治体のひとつである横須賀市で、胃がん撲滅を掲げて活動している水野靖大先生(横須賀市公衆衛生担当理事、マールクリニック横須賀 院長)にお話を伺った。

胃がんリスク検診の具体的な内容や、体内のピロリ菌を除菌することで得られるメリット、そして横須賀市と協力して取り組みが始まっている中学生へのピロリ菌除菌などについて、2回に分けてご紹介する。

(聞き手・文 只野まり子)

■胃がんの99%はピロリ菌が原因

――まず、胃がんリスク検診について教えていただけますか。

胃がんの99%はピロリ菌という細菌に感染することが原因で発生します。ピロリ菌は5歳までに感染し、その後胃炎が持続してがんをつくります。胃がんリスク検診は、採血でピロリ菌感染の有無と胃炎の状態を検査し、A〜Dの4つの群に分類します。検査の結果B〜D群と診断された場合は胃カメラで胃の精密検査を行い、その後ピロリ菌の除菌を行うという流れです。リスクに応じた対処方法によって、胃がん発生を予防し早期発見につなげます。

・A〜D群の分類

http://expres.umin.jp/mric/mric_2018_205-1.pdf

・胃がんリスク検診の流れ

http://expres.umin.jp/mric/mric_2018_205-2.pdf

――胃がんリスク検診によってどのような効果が出ていますか。

横須賀市がいわゆるバリウムで検査をしていたころは年間数人しか胃がんが発見できていなかったのが、胃がんリスク検診を始めた平成24年には一気に108人見つかりました。

http://expres.umin.jp/mric/mric_2018_205-3.pdf

胃がんリスク検診の結果リスクが高い人に胃カメラを行っているので、胃がん発見率で言うと全国平均の約3倍です。

さらに特徴的なのが、胃カメラで見つかったがんのうち、7〜8割という高い割合が早期がんだということです。早期がんだと手術で取り切ってしまえるどころか、胃カメラで切除することもできます。バリウムだと早期がんは見つかりづらいです。バリウムで検査していたころは5年間で見つかった胃がんは早期胃がんが3件、進行胃がんが4件だったのに対して、胃がんリスク検診を開始した平成24年からの5年間で早期胃がん187件、進行胃がん57件と、発見できた件数も格段に増え、その上早期の方がはるかに見つかっている状況になっています。

――早期で見つかれば治療による体の負担も経済的な負担も小さくて済みますね。他にはどんな効果が出ていますか。

検診の受検率にも大きな変化がありました。保健所の方がまとめてくれたのですが、バリウム検査だけをやっていた5年間と、胃がんリスク検診が始まってからの5年間を比べると、検診の受検者数も4倍くらいになっています。(下のグラフで、胃がんリスク検診の受検率が導入後に下がっているのは、胃がんリスク検診は少なくとも5年間は再受検できないシステムが理由です)

http://expres.umin.jp/mric/mric_2018_205-4.pdf

受検率が上がった背景には検診に対する抵抗感の低さがあります。現在多くの自治体や企業の胃がん検診は、バリウムか胃カメラのどちらかを選べるようになっていますが、採血だけでできる胃がんリスク検診に比べたらバリウムも胃カメラもハードルが高いですよね。採血の結果、要精密検査となれば、みんな胃カメラに進んでくれます。移行部として胃がんリスク検診は非常に入り込みやすいんです。

もうひとつの効果としてはマンパワーの適切な配分です。胃がんリスク検診によってA〜D群に分けられた人のうち、半分くらいはピロリ菌がいないA群です。先ほどお話ししたように、日本の胃がんの99%がピロリ菌由来なので、A群の人にいくら胃カメラ検査をしても胃がんはほとんど見つかりません。そこにマンパワーを割くことによって医療経済が崩壊したりすることになるので、例えばA群は5年に1回胃カメラ検査、他の群は毎年というように、リスクに応じた検査を行えば、医療経済も崩壊させない、労力も崩壊させないっていうことが可能になるのではないかと思っています。

■ピロリ菌除菌で胃がんのリスクは下がる

――採血だけだったら確かに検診に行きやすくなりますね。採血でピロリ菌が胃の中にいると分かった人には胃カメラと除菌を行うんですよね?具体的に除菌はどのように行うんですか?

2種類の抗生物質と胃薬1種類を1週間飲むだけで、95%の確率でピロリ菌を除菌できます。これで除菌ができなかった場合は薬の種類を変えます。そうすると除菌できなかった人の98%が除菌できます。すごく簡単なんです。

ただ現行の胃がんリスク検診にも3つ問題があります。

まず、受検率が上がったといっても全員検診を受けているわけではありません。対象が大人なので、検診を受けない人は受けないという問題があります。

2つ目は年齢の問題です。現在の胃がんリスク健診の対象年齢は40歳以上で、検査してピロリ菌がいれば除菌します。一方で、ピロリ菌感染は5歳までに起こり、大人になってからはほとんど感染しません。5歳までに感染して、そこから胃炎が持続してがんをつくるので、40歳以上の人のピロリ菌を除菌しても、胃がんの可能性は減るものの完全にゼロにはならないんです。せっかく除菌したのに発生してしまう胃がんを除菌後胃がんというんですが、この可能性をゼロにできないことが問題です。もっと若い年齢の段階で除菌をすれば将来の胃がんの可能性をゼロに近くすることができます。

3つ目は感染の伝播の問題です。もともとピロリ菌感染は井戸水から起こるものでしたが、いまの日本では井戸水からではなく、親からの経口感染がほとんどです。しかし、除菌の対象年齢が40歳以上なので、対象者にすでに子供がいる場合、それまでに感染している可能性があります。

40歳よりも若い段階で除菌ができれば、子供への経口感染も防げるし、除菌後胃がんの可能性も減らすことができます。そこで僕たちは横須賀市の中学2年生に対して除菌をしようという試みを始めました。昨年度と今年度は200人限定で検査を実施して、今後の展開としては、市内の中2全員に対してまずは尿検査でのピロリ菌チェックを行い、陽性者に対する精密検査(胃カメラは行いません)の上でピロリ陽性が確定した場合は除菌を行いたいと思っています。この2年間はその費用をすべて神奈川県医師会が負担してくれていましたが、今後は横須賀市が負担するというかたちで実施できるようになればと調整を進めています。

(後編に続く)

(MRIC「Vol.205 胃がんは撲滅できる 横須賀市と地元医師会の挑戦 前編」より転載)

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

体を温める食べ物は? 生姜以外にもたくさんあった。

体を温める食べ物と言えば生姜が代表的です。

生姜をすりおろして、はちみつなどと一緒に熱湯に混ぜて作る生姜湯は、とにかく寒いときや風邪をひいたときなどの強い味方です。

しかし、生姜以外にも、体を温めてくれる食べ物はたくさんあります。

安静にしていても代謝量が増大する食品がある

健康食品や漢方などを製造・販売するビタリア製薬によると「漢方における『陽性食品』を食べると、食事誘発性体熱産生(DIT)を活性化させ、体温を上昇させる」と言います。

DITとは、食事をした後、安静にしていても代謝量が増大することを言います。食後はアドレナリンが分泌され、また、食べ物が消化されるときにも熱が発生するするため、代謝量が上がり、体温が上がるのです。

では、そのDITを活性化させる「陽性食品」とは何でしょうか。

体を温める食品、冷やす食品とは?

漢方では、体を温めてくれるかどうかで食品を「陽性」「陰性」「中性」に区別しています。陽性は体を温め、陰性は逆に体を冷やし、中性は温めも冷やしもしないという意味です。

上の表にある通り、例えば野菜なら、キュウリやトマトは夏が旬で土の上で育つので陰性食品ですが、山芋やニンジンは秋冬が旬で土の中で育つので陽性食品です。また、ニンジンは暖色ですね。リンゴ、ブドウ、サクランボは青森や山形など、比較的寒い土地で育つ傾向にあります。

これらの基準は絶対的なものではありませんが、一つの参考になります。特に、これからの寒い季節に旬を迎える食材たちを積極的に摂ることで、体を温め、寒さを和らげることができるかもしれません。

(2018年11月14日ウェザーニュース「生姜以外にもあった! 体を温める食べ物は?」より転載)

【関連記事】


Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

正しく装着しないと効果薄。意外と知らないマスクの正しい使い方

寒さが増し、乾燥してくるこの時季は、風邪やインフルエンザが心配。

そんな時季に活躍するマスクで、こんな思い違い・勘違いをしていませんか?実際に確認していきましょう。

着け方あってる?

1.ゴムで紐を固定し、鼻、口、顎を覆う(※特に鼻と口の両方を確実に覆う)

2.鼻の部分を抑えてフィットするよう調節する

3.隙間がないように調整する

正しい着け方でないとウイルスの捕集性能は驚くほど下がってしまいます。マスク選びの際には自分の顔のサイズにぴったり合うものを購入し、顔にフィットした形で使いましょう。

交換のタイミングと捨て方は?

市販の不織布マスクは1日1枚程度の使用が良いそうです。

一方、マスクを外す時や捨てる時も要注意!しばらく使用したマスクにはウイルスが多く付着している危険性があります。そのため、マスクの表面には触らないように外し、ビニール袋に入れ、口を閉じて捨てるのが望ましいようです。

ウイルスは予防できない!?

マスクには一定の保湿効果があるため、喉の乾燥を防ぐことでウイルス感染の可能性を下げることができますが、普通のマスクではウイルス予防にはならないことがわかりました。

そこで感染予防に役立つマスク「N95マスク」があります。これは米国国立労働安全衛生研究所(NIOSH)が定めた基準をクリアしたマスクで、0.3µm以上の微粒子を95%以上捕集することができる性能があるということを意味します。

市販もされているマスクなので、「N95規格」という表記を覚えておいてください。

男性にはわからない…女性マスクの事情

近年、感染対策ではない「伊達マスク」が、特に女性を中心に流行っているようです。その理由のトップ3は以下のようなもの。

「スッピン隠し(74.4%)」

「あたたかい(53.3%)」

「顔が隠れる安心感(31.4%)」

毎日、きちんと化粧をしてから家を出るのは大変だということなのかもしれません。

いかがでしたか?少しの違いで予防効果に大きな違いが出てしまいます。正しい方法で体調管理を整えましょう。

(2018年11月14日ウェザーニュース「意外と知らないマスクの正しい使い方 正しく装着しないと効果薄」より転載)

【関連記事】


Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

「ハウス食品」によるカレーパン専門店『カレーパンノヒ』のパンがウマすぎ注意! さすがカレーについて知り尽くした会社の商品やで!!

突然だが、カレーパンという食べものはいろんな意味ですごいと思う。もちろん美味しいし、通常はご飯にかけるであろうものを揚げて、独特の生地で包み込む……。なんという、突拍子もない発想だろうか。

店によって味や形はさまざまだが、2018年11月14日に「バーモントカレー」などでお馴染みのハウス食品がカレーパン専門店『カレーパンノヒ』をオープンさせた。コンセプトは “カレーライスのようなカレーパン” と、よく意味が分からないが百聞は一見に如かずだ。さっそく購入し、食べてみたぞ。

・甘口と辛口の2種類

90年以上にわたり、カレーにたずさわってきたというハウス食品。どんだけカレー好きなんだよ! そんな同社が満を持して、日本のカレーの魅力をもっと多くの人へ発信しようと大阪・阪急うめだ本店とコラボして店を構えたようだ。

記者はオープンの1時間ほど前に足を運んだのだが、すでに列ができていた。みんなカレーパン大好きだな。パンの種類は “バーモントカレーパン(税込378円)” と “ジャワカレーパン(同)” の2つ。言わずもがな、バーモントが甘口でジャワが辛口だ。

・ほかにないハウス食品ならではのカレーパン

イートインコーナーは用意されていないため持ち帰ったのだが、その間に袋の中から漂ってくる良い香りといったら……。思わずその場で食べてしまいたい衝動にかられたことは、言うまでもないだろう。

自宅につくや否や、袋を開けてかぶりつく。食べた瞬間、あまりの美味しさにビックリだ。まずカレーの味が懐かしく「これぞ日本のカレー!」という落ち着く味。中の具材はひとつひとつが大きく、食べ応えがある点も特徴だ。

また生地がもっちり、そして表面はカリッとしている。これは、唯一無二のカレーパンと言っても過言ではないだろう。記者が口に入れたのは出来立てから1時間半後といったところだが、まだ温かかった。物足りない人は500Wのレンジで20秒ほど温めると良いらしいぞ。

近々、冷凍タイプも販売するとのこと。確かにカレーライスを食べているかのごとく、食べ応えがありながら、いつまでも食べ続けていたいウマさだった。これはまた新たな大阪土産として、話題になるのではないだろうか。

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 ハウス カレーパンノヒ
住所 大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 地下1階
時間 10:00〜20:00(金・土は10:00~21:00)

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.


Source: Rocket news Japan

【悲報】元AKB48高橋みなみさん、別人になってしまう

芸能人は歯が命……であると同時に、ある程度は顔も命であろう。特にアイドルともなれば、それはそれはビジュアルに神経を使っているに違いない。毎日のダイエットや美容、エステ……アイドルのみなさん、本当にお疲れ様です。

さて、そのアイドルの中で誰もが知るのが「AKB48」である。一時期よりは勢いがなくなったように見えるものの、それでも日本アイドル史に名を残す存在であることは疑いようがない。ただ、その元AKB48グループの初代総監督を務めた「高橋みなみ」さんがいま大変なことになっているのだ。

・元々かわいい

ハツラツとした言動とビシッとした性格、そしてキリリとした表情が魅力的な高橋みなみさん。AKB48を卒業してからもメディアで見かける機会は多く、これもひとえに彼女の人柄が愛されてのことだろう。

Instagram Photo

そういう意味で、テレビや雑誌などで高橋さんを見かける機会はまだまだ多い。そしていつ見ても「高橋みなみは高橋みなみ」であり、特に思い切ったイメチェンをした記憶もない。だがしかし……。

・まるで別人

2018年11月に高橋さんが自身のインスタグラムに投稿した画像は……ヤバい。おそらく、パッと見て「高橋みなみ」だと気付く人は少ないハズだ。それくらい別人になってしまっている。

これは、太ったとか怪我をしたという類の話ではなく、おそらく加工アプリを駆使しまくった結果であろう。アゴはとんがり目はやたらと大きく、ほうれい線は皆無……。ハッキリ言って怖い。

Instagram Photo

本人はコメントの中で不自然な顔のパーツには一切触れておらず「髪のトーン少し明るくしました。長さと重さはキープ」などとしているため、ウケを狙ったのか、それとも素の投稿なのかは現在のところ不明である。きっと狙ったのだと……信じたい。

先述のように、テレビで見かける高橋さんは今でも “あの頃の高橋みなみ” のままである。余計なフィルターを通さず、そのままの高橋さんを見たいというファンの人の方が多いのではなかろうか。

参照元:Instagram@taka37_chan
執筆:P.K.サンジュン


Source: Rocket news Japan