【激ギレ】丸亀製麺の「あさりうどん」が復活したのに「あさりバターうどん」が無くなったのはなぜなのか? 問い合わせた結果…

キレるキレるといいながらも、人間はそう簡単にはキレない。「キレた」と言ってもイラっとした程度……実際のところはそんなものではなかろうか? だがしかし、この件に関して私、P.K.サンジュンは盛大にブチギレている──。

何のことかというと、最近復活した丸亀製麺の「あさりうどん」についてだ。個人的に丸亀史上最高傑作と確信しているあさりうどんの復活は嬉しいのだが、なぜか『あさりバターうどん』が姿を消してしまったのである。……なんでやぁぁぁあああ! どういうことなんじゃぁぁああああ!!

・あさりうどんは復活したが

丸亀製麺が誇る数あるメニューの中でも春先限定で販売されるのが、最高傑作として名高い「あさりうどん」である。今年も2019年3月12日からめでたく復活を果たしており、私は社内で「週3あさりうどん宣言」をするほど歓喜していた。

あさりうどんの美味しさについては今さら語る必要もないだろう。あさりから染み出すエキスは細胞にまで染み渡るウマさで、普段は飲まない汁まで全て飲み干してしまう。どんなに厳しく採点しても100点満点のクオリティである。

ただし──。

あさりうどんが100点満点ならば、あさりバターうどんは120点のウマさであった。それもそのハズ、あさりとバターの相性の良さはあらゆる食材の中でも群を抜いていて、個人的には「山椒とパクチー」「チーズとはちみつ」と同レベルだと考えている。とにかくお互いの良さを引き出しまくる組み合わせなのだ。

・バターをのせるだけなのに

そんな『あさりバターうどん』が今年から姿を消した……。あさりうどんにバターをのっければ『あさりバターうどん』の完成である。こんなことを言うのもいやらしいが、丸亀製麺的にも大した手間だとは思えない。バターを1つ盛り付けるだけなのに、なぜ丸亀で1番美味しいメニューを捨ててしまったのか? 本気で解せない。

というわけで、丸亀製麺の広報部に問い合わせ、ことの真相を尋ねてみることにした。

──あさりうどんについてお聞きしたいのですが、よろしいでしょうか?

「はい、どうぞ」

──あさりうどんの復活は本当に嬉しいのですが、今年からあさりバターうどんが無くなってますよね? 一体どういうつもりなんでしょうか?

「ああ、そうですね……」

──バターをのせるだけなのに、本当に納得がいきません。

「うーん、ちょっとお調べしますので少々お待ちください」

──はい!

「お待たせしました。結論から言うと、シンプルなあさりうどんの方がお客様からのご支持が多かったようです。そのため今年からあさりうどんのみで販売させていただいております」

──つまり、あさりバターうどんが売れなかったということですか?

「ハハハ。その辺りは……」

──売れなかったということですか?

「うーん、あさりうどんの方がお客様からのご支持が多かったということですね」

……以上である。ハッキリとは言わなかったが、やはり『あさりバターうどん』は売れなかったのだろう。50円プラスするだけで極上が味わえたというのに、なんともったいない……! もう2度とあさりバターうどんが味わえないかと思うと、胸が張り裂けそうな思いだ。

というわけで、あさりバターうどんは非常にシンプルな理由でメニューから消滅していた。ただ、あさりバターうどんは本当にウマいんだ……! だから丸亀製麺様ァァァアアアア!! なんとか来年は復活をお願いします! もしくはバターだけ持ち込みOKにしてくだされ!!

参考リンク:丸亀製麺
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: Rocket news Japan

外国人が観光ツアーで続々と訪れる佐賀県庁のプロジェクションマッピング。弱点を逆手に取った県の戦略とは?

行政機関であるはずの県庁が、外国人に人気の観光名所になっている県がある。佐賀だ。

外国人観光客を惹きつけているのが、同県が県庁の展望ホール(地上50m)で2016年7月から実施している『アート県庁プロジェクト』の「夜空のタイムトラベル」というプロジェクションマッピング。「佐賀県庁から時間旅行へ」をテーマに、佐賀の過去から現在、そして想像された未来の街を映像で楽しめる。

企画開始から4年目になるが、InstagramなどSNSでの投稿をきっかけに徐々に認知され、今では観光ツアーに盛り込まれるほどにまで人気が高まっている。多い時には1日約60人ほどの外国人が訪れる。

県の施設自体が観光名所の1つになっているのは、全国的に見ても珍しいという。

佐賀県庁(佐賀県提供)

なぜ、これほどまで注目を集めているのか。県庁でプロジェクションマッピングを始めた背景を、佐賀県観光課の観光企画担当・園田佳樹さんに聞いた。

アート県庁プロジェクト 『夜空のタイムトラベル』

━━県庁で常設のプロジェクションマッピングを始めた理由は?

元々佐賀県では、昼の観光スポットは数多く紹介していました。ただ、夜の観光スポットがなかなか目立った所がなく、そこが弱点でした。

1日限定・1週間限定のイベントなどはこれまでも実施してきたものの、定着させるなら常設が望ましい。そこで、県庁を活用することにしました。

━━県庁を活用するという案は、どこから出たのでしょうか?

我々観光課の職員です。展望ホールをぜひ活用しようという案でした。というのも、展望ホールは佐賀市内で1番の高さがありますので(佐賀県内では2番目)、その見晴らしの良さをぜひ生かしたいという考えでした。

アート県庁プロジェクト 『夜空のタイムトラベル』

 ━━外国人観光客に人気のスポットになっていますが、もともとのターゲットが外国人だったのでしょうか?

実は、外国人に好評となったことは想定外でした。当初は、主に佐賀県内に宿泊する日本人観光客と県民の方に楽しんでもらいたいという意図がありました。

 ━━外国人観光客が増えた要因は?

佐賀空港にLCC(格安航空会社)の発着が増えたのは大きいと思います。佐賀には2、3年前から上海とソウル便が就航していましたが、2018年に台湾便が就航したことが外国人観光客がさらに増えた一つの理由だと思います。

━━どのくらい外国人は増えた印象ですか? 企画を通じて感じたことは?

企画を始めた当初は1日2、3人程度見るかどうかという感じだったのですが、今では観光ツアーのコースに含まれていますので、大型バス2台で60人くらい来る日もあって、正直驚いています。

 県の施設でも、工夫次第で観光名所になり得るんだという実感があります。今後も特に外国人に限らず、たくさんの方に佐賀の魅力を伝えていけたらと思います。

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

新iPad miniついに登場。Apple Pencil対応、4万5800円で30日出荷

アップルは3月18日(現地時間)、7.9インチタブレット「iPad mini」の新モデルを発表しました。Apple Pencilに対応し、プロセッサをA12 Bionicに刷新したのが特徴です。

価格はWi-Fiモデルの場合、64GBが4万5800円(税別、以下同)、256GBが6万2800円。セルラーモデルの場合、64GBが6万800円、256GBが7万7800円。

カラーはシルバー・ゴールド・スペースグレーの3色展開。オンラインストアにおける出荷開始日は、記事執筆時点では3月30日と表示されています。

外観をそのままに最新仕様に刷新

搭載する7.9インチのRetinaディスプレイは、最新のiPad Proと同じTrue Toneに対応。外光環境に応じて自然な色温度に調整してくれます。

プロセッサはiPhone XS と同じA12 Bionicを搭載。処理性能は2015年9月に発表されたiPad mini 4に比べて3倍、グラフィックス性能は9倍に向上しています。高いAI性能と合わせ、アップルは「AR(拡張現実)を活用する際にも、リッチなグラフィックスを楽しめる」とアピールします。

最新のiOS 12を搭載し、複数アプリを同時に起動するなどのマルチタスクを利用できます。

 

Apple Pencilは旧型に対応

Apple Pencilにも対応しますが、新iPad Proのマグネット充電式Apple Pencilではなく、旧式のライトニング端子で充電するタイプ。これは今回同時に発表されたiPad Air(2019)も同様です。これによって、Apple PencilはiPad Pro用とiPad mini / Air用の2種類が混在することになります。

充電端子もiPad ProのUSB-Cではなく、Lightningを採用します。

本体サイズは203.2 x 134.8 x 6.1mm、重さはWi-Fiモデルが約300.5g、セルラーモデルが308.2gです。

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Immigration office suggested visa run?

Hi everyone,

I just came back from a confusing trip to the immigration office in Tokyo. I went there because my cultural activities visa is ending and i want to either extend or change to a tourist (temporary visitor) visa.

I was told i can not change my c.a. visa to a tourist one, and they suggested i'd fly to korea/taipei or the likes to do a visa run.

I read online though, that applying for a visa extention automatically gives me another 2 months, even if it is rejected, and i'm only looking to stay an additional 1.5 months, meaning i don't need it to be approved, just the application accepted.

Can anyone confirm this would indeed work? It sounds more solid than the visa run, which i'd like to keep as a plan B.

Any input on my specific situation would be appreciated.

submitted by /u/Revaivel
[link] [comments]
Source: Reddit RSS

ルイ・ヴィトン、児童虐待疑惑の番組がきっかけでマイケル・ジャクソンのアイテムを取り下げる

2019年のメンズコレクションでマイケル・ジャクソンをフィーチャーしていたルイ・ヴィトン。

ジャクソンに関連する全てのアイテムをショーから取り下げると発表した。

決定のきっかけになったのは、米ケーブルテレビHBOで放送されたドキュメンタリー『Leaving Neverland (リービング・ネバーランド)』だ。

このドキュメンタリーでは、幼少時にマイケル・ジャクソンに性的虐待を受けたと主張する二人の男性が取り上げられていて、社会に衝撃を与えている。

関連記事:マイケル・ジャクソン告発映画が衝撃与える 家族は「公開リンチ」と抗議

ルイ・ヴィトンの2019年のメンズコレクションは、1月にパリでスタートした。

『Billie Jean』のミュージックビデオを想起させるランウェイや、『Remember the Time』『Beat It』でジャクソンが身につけている衣装にヒントを得たアイテムなどが、多数使われている。

2019年1月17日に、パリで開かれたルイ・ヴィトンの2019秋冬メンズ・コレクション。『ビリー・ジーン』のミュージックビデオを想起させるショーのセット

ルイ・ヴィトンは3月14日に発表したリリースで、ジャクソンに関連するアイテムを取り下げた理由について次のように発表した。

「幼い頃に、マイケル・ジャクソンに性的虐待を受けたという二人の男性を取り上げたドキュメンタリー『Leaving Neverland』は、我々にとって大きな痛みをもたらすものでした」

「前回、(パリで)メンズコレクションのショーを開いた時には、我々はこのドキュメンタリーのことを知りませんでした」

マイケル・ジャクソンをテーマにした服装で歩くモデル

ルイ・ヴィトンのアートディレクター、ヴァージル・アブローは、2018年に同ブランド発の黒人デザイナーとなり注目を集めた人物だ。

アブローはリリースの中で、今回の決定についてこう説明する。

「我々のショーの狙いは、ポップ・カルチャー・アーティストとしてのマイケル・ジャクソンに光を当てることでした」

「我々が知っているパブリックな場面におけるジャクソン、そして全ての世代のアーティストやデザイナーに影響を与えた彼のレガシーです」

「しかし、ドキュメンタリーがゆえに、ショーは感情的な反応を引き起こしています。私はどんな形の児童虐待、暴力、人権侵害も強く非難します」

同ブランドのマイケル・バークCEOは「我々は、ドキュメンタリーの主張を、大きな問題で憂慮すべきことだと考えています。子供の安全と福祉は、ルイ・ヴィトンにとって何より大切なものです」と述べる。

『Leaving Neverland』は、3月初めにアメリカで放送された。

子供の時に、ジャクソンの邸宅であるネバーランドやその他の場所で、ジャクソンに性的虐待を受け続けたと訴えるウェイド・ロブソンさんとジェームズ・セーフチャックさんを描いた作品だ。

ドキュメンタリーに内容が明らかになった後、多くのファンがジャクソンを擁護し、ロブソンさんとセーフチャックさんを非難している。

ジャクソンの家族は、同ドキュメンタリーが1月にサンダンス映画祭で上映された後に「公開リンチだ」と非難するリリースを出した

「みんなマイケルを悪者にしたがります。それは、彼がユニークだから。しかしマイケルは、徹底的な捜査を受けました。ネバーランドやその他の所有地をを突然捜強制捜査されたこともあります。そして陪審裁判では完全無罪と判決が出ています」

「この件に関してひとつも証拠が出ていないのです。それなのにメディアは嘘の告発を信じようとします」

 
ハフポストUS版の記事を翻訳しました。

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml