スタバが世界初の「畳でコーヒー」 築100年以上の京都の古民家をそのまま使用(画像集)

スターバックスコーヒーは6月30日、世界遺産の京都・清水寺近くに、畳の上でコーヒーを楽しめる「京都二寧坂ヤサカ茶屋店」をオープンする。畳の座敷を設置した店は世界初。2階建ての伝統的日本家屋を使用した店舗で、日本情緒とコーヒーの両方を楽しむことができる。

店は、京都を代表する散策路「二寧坂」と呼ばれる坂の中ほどにある。店の前は石畳が通っており、大正数奇屋風の意匠に特徴のある伝統的建造物が立ち並ぶ。

築100年を超える家屋を改装した店舗の暖簾をくぐると、木造の内装にあわせたコーヒーカウンターが出迎える。

店の中は、表口から裏口へ通り抜けられるようになっている「通り庭」と呼ばれる土間風に仕上げられている。前庭、中庭、奥庭の3つの庭があり、それぞれに印象的な蹲(つくばい)を用意した。蹲とは、茶客が入席する前に手を清め手水鉢のことだ。

畳があるのは店の2階。3つの部屋が用意されており、靴を脱いだあとは、京都の丹後ちりめんを張り地に使用した座布団に座り、ゆっくりできる。床の間には、コーヒーストーリーを表現した掛け軸も掛けられている。

日本の芸術や文化について紹介する海外の著名ブログ「SPOON & TAMAGO」もこの新店舗について紹介。記事には海外在住とみられるユーザーから、「畳って何?」という質問のほか、「地域の土地柄を受け入れたことに感謝し、また、尊敬の対象として脱帽する」とのコメントも投稿されている。
Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

「爪楊枝ボウガン」中国の小学生に大流行 その危険性は…

2017-06-25-1498374504-3375023-201706238.05.31.png

「世界の工場」と呼ばれてはや15年、その地位を確固たるものとしている中国。昨今は電子工作やいわゆるメイカーズムーブメントを経て、趣味アイテムの流行発信基地的な側面も強くしています。例えば昨今では、ハンドスピナーの大ブームを牽引した事も記憶に新しいところ。

そんな中国で、小学生の間で大流行しているのが「爪楊枝ボウガン」と呼ばれる玩具。といっても、言葉から想像するものよりも威力が高く、既に成都市などで規制が始まっていると報道されています。日本でも入手が可能になってきたこともあるため、危険度を伝える意味を含めてお伝えします。

2017-06-25-1498374541-287428-chikara.png

この「爪楊枝ボウガン」は金属や木で造られたミニチュアのボウガン。素材や威力は製品によって異なりますが、強力なものは爪楊枝を発射しても果物や野菜に突き刺さる程度の威力があります。

さらに強力なものになると、金属製の針を飛ばすことできるほどの威力を持っており、かなり危険なものとなります。

アルミ缶に穴を開ける威力の製品も

まずは、下記の動画を御覧ください。これは現地で販売されている、金属の針を撃てるタイプの製品を検証するもの。アルミ缶に穴を開ける威力があることがわかります。

これらが日本円にして100円前後で販売されていることで、中国の子どもたちを中心に急速に大ブームとなっているわけです。

品切れか規制か。Alibabaでも削除相次ぐ

2017-06-25-1498374614-5959054-201706238.25.05.png

2017-06-25-1498374646-6024326-201706238.24.50.png

上記に紹介したのは、AlibabaやAliExpressで「Mini toothpick crossbow」という名称で販売されていた製品の一端。現地の通販サイトではこれらを含めて様々な種類が売られていたのですが、現在では双方共に取扱がありません。

成都のみならず四川でも規制がされていることから、中国全土に取扱の自粛が広まっているのか、または急激に話題になったことで売り切れになったと考えられます。

2017-06-25-1498374504-3375023-201706238.05.31.png

一方で、諸葛亮孔明が発明した事で知られる「諸葛弩」のミニチュアとして販売されているものは、今でも購入可能です。こちらも爪楊枝を発射する事が可能です。

この「諸葛弩」は連続で弓を打つことが出来る弩。

余談ですが諸葛家は、これ以外にも黄夫人が発明した「木牛流馬」というロック機能付きのネコ車や、自動製麺をするからくり人形等の発明一家として知られ、肉まんを発明したのも諸葛亮だという伝説が残っているほど。

更に余談ですが、日本では「弩(ど)」を「いしゆみ」とも読みますが、「ど」と「いしゆみ」、両者は別物です。いしゆみは弓の様な機構で石を飛ばす武器、または網の中に入れた石を落下させる仕掛けの兵器。また「ボウガン」という言葉も和製英語で、世界では「クロスボウ」と呼ばれているため、もし海外の人と会話する際には要注意です。

日本のAmazonにも登場、ホビー売上ランキング1位に

さて、この爪楊枝ボウガンですが、日本でも販売する業者が現れています。ニュースで話題になったためか、一時期はAmazonのホビー部門の1位と2位にもなっていました。

他の製品のページも全て売り切れとなっており、ハンドスピナーの時の様に、現地で仕入れた業者が今後乱立する予感もします。

しかし、これらは上述したように、爪楊枝といえども危険なアイテム。

絶対に人や動物に向けて発射したり、狙うといった行為は避け、また発射する場所では、周囲の安全に十分配慮し、人や車が射程内を横切るような場所を避ける必要があります。

DIY動画の注目度も上昇

実はミニチュアのボウガン制作は、YouTubeにおいてはミニチュアの投石機と並び、DIY関連では一大カテゴリとして知られているものでした。

『ベルセルク』そのものの、手に装着し連続で弓を発射する装置を自作する人までいます。

昨今は「買えないなら作ってしまおう」というわけではないですが、ニュースの話題が増えるにつれ、これらの人気も高まっているようです。

こうした趣味性の強いアイテムに目をつけ、いち早く商品化するという「フットワークの軽さ」は、中国の業者の強さを感じます。

過去を見れば、ハンドスピナーのように、電子タバコ『Vape』の 愛好者や、ものづくり系の人たちの趣味から始まったアイテムを量産品レベルに落とし込み、大ブームにしたという経緯もありました。

今回のミニチュアボウガンは危険度の高いアイテムでもあるためブームになるかは未知数ですが、こうした「趣味アイテムの情報発信基地」的な中国の側面は今後も続いていきそうです。

(2017年6月23日Engadget 日本版「中国で大流行、規制も掛かった「爪楊枝ボウガン」はこんなアイテム。日本のAmazonにも登場(世永玲生)」より転載)

【関連記事】

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Trump’s unraveling Korea policy

With every tweet by Donald Trump, Asian officials find it more difficult to believe the U.S. remains committed to their security. Nowhere is that more …
Source: http://www.japantimes.co.jp/feed/

Defiant mayors warn Trump over immigration, climate

Mayors are warning President Donald Trump that toughening immigration enforcement meddles with U.S. cities’ affairs. More than 250 mayors are meeting at the U.S. Conference …
Source: http://www.japantimes.co.jp/feed/

翁長知事の高い支持率と沖縄県民の不信感

今春の世論調査によると、翁長知事の支持率は非常に高い

「沖縄タイムス」「朝日新聞」「琉球朝日放送」による共同の県民意識調査(4月25日発表)では58%、「琉球新報」県民世論調査(5月9日発表)では67%であった。

辺野古移設問題で国と勇敢に闘い続ける孤軍奮闘の知事というイメージが、県民の心に刻み込まれているからであろう。

辺野古埋め立てをめぐる裁判では、昨年12月、最高裁判決により県の敗訴が確定した。その後、辺野古の護岸工事が着々と進行しており、辺野古反対派の中にも諦めムードが広がりつつある。

7月にも県が起こすと見られる工事差し止め訴訟や、その後の埋め立て承認撤回といった抵抗手段の見通しも立っているわけではない。

今年に入って、翁長氏と「オール沖縄」陣営はその勢いを失いつつある

その流れは首長選挙の結果に如実に表れている。1月から4月に実施された、宮古、浦添、うるま各市の市長選挙で「オール沖縄」は3連敗を喫した。

翁長氏が応援に入ったにもかかわらず続いた敗北は、辺野古移設以外の問題に関する「オール沖縄」内部の意見の不一致、それぞれの地域の行政ニーズに合わせた具体的な政策を陣営が持ち合わせていないことの証左である。

このような「オール沖縄」陣営内の足並みの乱れや辺野古工事をめぐる県の不利な状況にもかかわらず、翁長知事の支持率が高いのはなぜか。

本土政府や自民党関係者などが見落としやすいのは、県民の中にくすぶる「普天間基地の辺野古移設はフェアでない」という感情である

諦めムードが少しずつ広がっているとは言え、米軍基地を沖縄に集中させてきた歴史的な背景もあり、このわだかまりは根強い。

辺野古移設問題をめぐっては、米軍基地ゲート前の座り込みのイメージがメディアを通して流れ、プロ活動家、プロ市民が騒いでいるだけというような言説を目にすることがある。だが、活動には参加しないが、辺野古移設に割り切れない気持ちを抱く県民は多い。

それぞれの地域事情が色濃く反映される各市町村の首長選挙で「オール沖縄」が敗北を続けていても、こと「辺野古移設」が直接問われる知事選挙などでは、反政府の立場を表明する県民が多数を占める可能性は高い。その根源には仲井眞前知事と安倍政権のこの問題への対処のまずさがあったのではないか

埋め立てを承認するとほぼ同時に、高額の沖縄振興予算を提示された仲井眞前知事が放った「これで良い正月が迎えられる」という発言は、多くの沖縄県民のプライドを傷つけた。

菅官房長官は、2012年12月に安倍政権が発足した時点では、「丁寧に説明する」としていたにもかかわらず、仲井眞知事(当時)から埋め立て承認を得られた後に、手のひらを返したように「(辺野古移設を)粛々と進める」路線へと切り替えた。

さらに同長官は、翁長知事が米軍による強制収容で基地建設が行われた経緯の不当性を訴えた際に、「賛同できない。戦後は日本全国、悲惨な中で皆さんがたいへんご苦労されて今日の豊かで平和で自由な国を築き上げてきた」と語ったが、そこには「沖縄県民だけが特別に苦労したわけではない」という沖縄を突き放すようなニュアンスがこもっていた。

仲井眞氏と菅氏の言動は、今も沖縄県民の心の奥深くに突き刺さる棘である

翁長知事は今や辺野古反対運動の象徴になっており、革新側にとって翁長氏は旗印として必要な存在である。一方の保守系・自民党側に、翁長氏に対抗できるだけのカリスマ性のある政治家は見当たらない。

「一寸先は闇」と言われる政治の世界で、今後、情勢が一変する可能性がないわけではない。

しかし、現状を見る限り、支持基盤である「オール沖縄」が弱体化しているとは言え、翁長氏が高い支持率を背景に来年11月の知事選で再選される可能性は高い

この数年間、沖縄では観光客数の驚異的な伸びなどによって、表面上は経済成長が続き、失業率も急速に低下している。

一方で、非正規雇用の45%超えなどが背景となった子供の貧困、観光客の急増による交通渋滞や水不足、有為の人材の本土や海外への流出など、沖縄社会の構造的な歪みは深刻である

こうした事態に対し、残念ながら翁長知事は有効な政策を打ち出せていない。また、新しいビジョンを模索する余裕もなく、ひたすら「辺野古阻止」に没頭しているように見える。

来年の知事選で、その翁長知事の勝利が予想される状況は、沖縄の政治と行政が今後数年間にわたり漂流することを意味する。それは、沖縄にとって不幸ではあるが、沖縄政治の構図を変えることは容易ではなさそうだ
Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml