鷲宮神社の鳥居が倒壊。「らき☆すた」の聖地で何が?

倒壊した鷲宮神社の鳥居

埼玉県久喜市の鷲宮(わしのみや)神社の鳥居が8月11日午前に倒壊した。鷲宮神社はアニメ「らき☆すた」のモデルとなったことがきっかけで、アニメファンが「聖地巡礼」に訪れることで知られていた。

倒壊の原因は老朽化とみられており、けが人はいなかった模様だ。

倒壊前の鷲宮神社の鳥居

(写真の出典:Wikipedia/CC BY-SA 3.0)

久喜市在住で、鷲宮地域の観光ブログ「えるるのえるろぐ」を主催する「えるる」さんがTwitterに写真を掲載した。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

■現地ブロガー「立派に再建された姿を楽しみにしたい」

えるるさんは、ハフポスト日本版の取材に対して、以下のように答えた。

— 現場はどんな様子でしたか?

地元の人たちが散発的に見に来ていました。 それほど人混みはないです。

— 倒壊の原因は老朽化というのは、どこで知りましたか?

神社関係者や、様子を見に来ていた知り合いの工務店の人に聞きました。

— 長年親しまれた鷲宮神社のシンボルが倒壊したことをどう感じましたか?

『らき☆すた』で有名になってから、10年以上撮り続けていたので、倒れたと聞いて驚きました。でも、古い建造物ですし、よく持ってくれたという感覚です。時期は分かりませんが再建する予定とのことで、立派に再建された姿を楽しみにしたいです。


Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

ホライゾン航空の旅客機が盗まれる。無許可でシアトルを離陸後に墜落(動画)

盗まれた機体と同型のホライゾン航空「ボンバルディアQ400」(本文とは無関係です)

アメリカのシアトル・タコマ国際空港で現地時間8月10日午後8時ごろ、旅客機が盗まれた。現地紙シアトルタイムズなどが報じた。盗まれたのはシアトルを拠点するホライゾン航空の「ボンバルディアQ400」型の旅客機。連邦航空局は午後9時30分ごろ、飛行機が墜落したと発表したという。

親会社のアラスカ航空は「午後8時ごろ、ホライゾン航空のQ400の不正な離陸があったと確認しました。この旅客機がケトロン島の近くに墜落しました。飛行機を操縦していた人物を除いて、乗員や乗客はいなかったと思います」と公式Twitterで報告した

問題の旅客機が低空飛行している模様を、空港の南側に住む女性が撮影していた。

https://platform.twitter.com/widgets.js

また、ジャーナリストのモーガン・チェスキーは、ルーイス・マッコード米陸空軍合同基地(JBLM)からの情報として、問題の旅客機はF-15戦闘機が接近後に降下して墜落したとTwitterで述べている

周辺で撮影された動画では、問題の旅客機が飛行したあとを、戦闘機らしいものが追いかける様子が確認できる。

https://platform.twitter.com/widgets.js

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml